よく読まれている記事

  • 1日
  • 3日
  • 7日
  • 1ヵ月
2017.08.08
0
コメント
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/06(日) 07:58:36.16 ID:CAP_USER9
<連載:須藤凜々花を語り合う(最終回)>

 6月17日のAKB48選抜総選挙で起こったNMB48須藤凜々花(20)の結婚宣言から1カ月以上が過ぎた。事件をきっかけにして、AKB48グループ取材歴の長い日刊スポーツ新聞記者2人とフリーライター2人が集まり、真面目にこれからのAKB48グループはどう進むべきなのかを語り合ったところで、須藤のドイツ留学の一報が…。最終回です。

 C(フリーライター) 現在の須藤はどうなのですか?

 A(スポーツ紙記者) 握手会の須藤の周囲は、関係者や警備員で固められていて、結婚や彼氏に関する話はNGです。ファンが尋ねた瞬間に警備員に止められます。

 D(フリーライター) 言論統制されてしまっているんだ。それではなかなか彼女の本音は聞けないですね。

 B(スポーツ紙記者) そこまで厳しいか~。

 A 現実的に、安全面を最優先に考慮しなきゃいけないので、致し方ないとは思います。ただ、須藤本人は、顔なじみのファンには、本当は自分から言いたいこともたくさんあるみたいです。

 B やはり本音を聞きたいです。

 C 私は、せめて来月で卒業をしたら、その後は言いたいことを言わせてあげた方がいいと思います。

 A ところで、熱心な須藤ファンの皆さんが改めて振り返ると、男性と交際を始めたという昨年末から、たしかに須藤は様子がおかしかったそうです。

 D どういうところが?

 B 常に「てっぺんを目指す」と威勢の良かった須藤が、昨年末のNHK紅白歌合戦の人気投票の時だけは、不自然なことに、1度もファンに投票を呼び掛けたり、意気込んだりしなかったそうなのです。当時からファンの間では「何で?」と首を傾げていたそうで。

 A 年が明けても、いつもなら真っ先に「総選挙1位を目指す」などと宣言するのに、ファンが握手会で「早く目標順位とか表明して」と尋ねても、しばらくは、はぐらかされていたそうです。「今、丁寧に振り返ると、我々須藤ファンの方が総選挙に対して、過去最高に盛り上がっていたので、その圧に押された感じで、彼女が立候補へ気持ちのスイッチを入れたような節があったんです」と話していました。だから須藤ファンは、「交際当初からアイドル活動と恋愛の間で葛藤していたのは事実だろう。そして、ファンの声を受けて、総選挙に真剣に臨んだのも事実だろう」と。

 C つくづくファンは本当に優しいね…。

 B 何十人もの熱心な須藤ファンのLINEトークでも、よくネットに書き込まれたような「(投票に使った)金を返せ!」という意見だけは、一切ありませんでした。たとえ、裏切られたとの思いや憤りがあっても、恨みつらみなんて言わないし、気持ちは分かってあげようとしていて本当に優しいんです。だからこそ、やっぱりファンの方々も、彼女の口から真実を聞きたいと思っていらっしゃるはずです。

 D 今の全く話させてもらえないという状況、彼女が自由さを発揮できないのは良くないです。だから、繰り返しだけど、ラップバトルのような本音を言える場をエンターテインメントとして用意するのが1番いいと、私は思います。自由さのないAKB48グループ、不自由なAKBは、魅力がなくなってしまう。言論統制されている須藤なんて、私は見たくもないですよ。

 C もともとこんな子が出てくること自体、AKB48グループでしかありえなかったし、その子が牙を抜かれなきゃいけなくなることも、まず普通のAKBじゃ見られない光景です(苦笑い)。

 D 誰も牙を抜かれたトラを見に動物園にはいかないですよ。

 C 須藤がSHOWROOMでゲリラ生中継して、本音をしゃべったら、話題になるんだけれど(笑い)。

 A トラも恋をしてしまうと、ただの女の子でした(苦笑い)。

 D 哲学者でも革命家でもなく普通の女の子でした(苦笑い)。

 C 若いっていいよね。何でも飛び越えられちゃうんだから(笑い)。

つづく

日刊スポーツ 8/6(日) 5:02配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-01865361-nksports-ent

引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501973916/

コメントを投稿

今週の当サイト人気記事

2017/08/08コメント( 0 )

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/06(日) 07:58:36.16 ID:CAP_USER9
<連載:須藤凜々花を語り合う(最終回)>

 6月17日のAKB48選抜総選挙で起こったNMB48須藤凜々花(20)の結婚宣言から1カ月以上が過ぎた。事件をきっかけにして、AKB48グループ取材歴の長い日刊スポーツ新聞記者2人とフリーライター2人が集まり、真面目にこれからのAKB48グループはどう進むべきなのかを語り合ったところで、須藤のドイツ留学の一報が…。最終回です。

 C(フリーライター) 現在の須藤はどうなのですか?

 A(スポーツ紙記者) 握手会の須藤の周囲は、関係者や警備員で固められていて、結婚や彼氏に関する話はNGです。ファンが尋ねた瞬間に警備員に止められます。

 D(フリーライター) 言論統制されてしまっているんだ。それではなかなか彼女の本音は聞けないですね。

 B(スポーツ紙記者) そこまで厳しいか~。

 A 現実的に、安全面を最優先に考慮しなきゃいけないので、致し方ないとは思います。ただ、須藤本人は、顔なじみのファンには、本当は自分から言いたいこともたくさんあるみたいです。

 B やはり本音を聞きたいです。

 C 私は、せめて来月で卒業をしたら、その後は言いたいことを言わせてあげた方がいいと思います。

 A ところで、熱心な須藤ファンの皆さんが改めて振り返ると、男性と交際を始めたという昨年末から、たしかに須藤は様子がおかしかったそうです。

 D どういうところが?

 B 常に「てっぺんを目指す」と威勢の良かった須藤が、昨年末のNHK紅白歌合戦の人気投票の時だけは、不自然なことに、1度もファンに投票を呼び掛けたり、意気込んだりしなかったそうなのです。当時からファンの間では「何で?」と首を傾げていたそうで。

 A 年が明けても、いつもなら真っ先に「総選挙1位を目指す」などと宣言するのに、ファンが握手会で「早く目標順位とか表明して」と尋ねても、しばらくは、はぐらかされていたそうです。「今、丁寧に振り返ると、我々須藤ファンの方が総選挙に対して、過去最高に盛り上がっていたので、その圧に押された感じで、彼女が立候補へ気持ちのスイッチを入れたような節があったんです」と話していました。だから須藤ファンは、「交際当初からアイドル活動と恋愛の間で葛藤していたのは事実だろう。そして、ファンの声を受けて、総選挙に真剣に臨んだのも事実だろう」と。

 C つくづくファンは本当に優しいね…。

 B 何十人もの熱心な須藤ファンのLINEトークでも、よくネットに書き込まれたような「(投票に使った)金を返せ!」という意見だけは、一切ありませんでした。たとえ、裏切られたとの思いや憤りがあっても、恨みつらみなんて言わないし、気持ちは分かってあげようとしていて本当に優しいんです。だからこそ、やっぱりファンの方々も、彼女の口から真実を聞きたいと思っていらっしゃるはずです。

 D 今の全く話させてもらえないという状況、彼女が自由さを発揮できないのは良くないです。だから、繰り返しだけど、ラップバトルのような本音を言える場をエンターテインメントとして用意するのが1番いいと、私は思います。自由さのないAKB48グループ、不自由なAKBは、魅力がなくなってしまう。言論統制されている須藤なんて、私は見たくもないですよ。

 C もともとこんな子が出てくること自体、AKB48グループでしかありえなかったし、その子が牙を抜かれなきゃいけなくなることも、まず普通のAKBじゃ見られない光景です(苦笑い)。

 D 誰も牙を抜かれたトラを見に動物園にはいかないですよ。

 C 須藤がSHOWROOMでゲリラ生中継して、本音をしゃべったら、話題になるんだけれど(笑い)。

 A トラも恋をしてしまうと、ただの女の子でした(苦笑い)。

 D 哲学者でも革命家でもなく普通の女の子でした(苦笑い)。

 C 若いっていいよね。何でも飛び越えられちゃうんだから(笑い)。

つづく

日刊スポーツ 8/6(日) 5:02配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-01865361-nksports-ent

引用元:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501973916/

最新の当サイト人気記事

3714
1937
1033
806
796
768
755
729
709
660
641
632
627
625
617
608
602
601
599
590
589
578
578
578
577
577
576
573
572
568
566

コメントを投稿

月別アーカイブ

今月の当サイト人気記事

153
106
78
45
37
28

今月の当サイト人気記事

549
530
516
501
497
487